wifi安い無制限。長期縛りを無くし最安値にする裏技

格安無制限WiFiを契約縛りなしで使う方法

このページでは、月のデータ容量無制限のWiFiを格安(2年未満の短期間の契約であれば実質最安値)で使用する裏技について紹介していきたいと思います。裏技と言っても特に怪しい方法ではなく、業者さんも認めていて違法性など全くない方法となります。

すでにWiMAXやSoftBankのLTEなど色々調べて検討中の方も多いと思いますが、格安にWi-Fiを利用したい方であれば一度目を通しておいて損のない内容だと思います。


2年未満のコスパが最強!民泊WiFiという選択

皆さん「民泊WiFi」というのをご存知でしょうか?私も初めてこの言葉を聞いた時にはピンと来なかったのですが、内容を知った時にはちょっとした衝撃を受けました。

まず「民泊」というのは個人の所有物件を宿泊施設として貸し出すビジネスです。「Airbnb」などに代表される民泊仲介サービスによって急速に広まりましたが、利用したことのある方もいるかもしれませんね。

で、民泊WiFiというのはこれらの民泊施設にインターネット回線を手軽に提供するために生まれたサービスになります。

民泊物件のオーナーは物件の差別化のために快適なインターネット環境を整えたいと考えていますが、いつ撤退するか分からないビジネスに回線の長期契約は避けたいという事情があります。それらのニーズに答えるべく、短期間の契約でも高品質の通信を手ごろな価格で使えるようにしたのが民泊WiFiというわけです。

実はこの民泊WiFi、民泊物件のオーナーだけしか使えないサービスというわけではありません。一般の個人でも普通に利用できるんですね。個人が利用しても十分なメリットが民泊WiFiにはあります

では具体的に民泊WiFiの特徴を見ていきましょう。なぜ「2年未満のコスパが最強」となるのでしょうか?


民泊WiFiの特徴

まず、基本的に民泊WiFiには長期間の契約縛りというのがありません。契約期間は1ヵ月毎といったような短期で、毎月の月額料金を払う事で更新していきます。当然1ヵ月で使用を止めたからといって違約金がかかるようなこともありません

端末は民泊WiFiの業者からレンタルする形になり、レンタル代金は0円(無料)というのが多いです。肝心のサービスエリアや通信速度ですが、これは業者が提供するキャリアによります。

具体的には、WiMAX端末を貸してくれる業者であればWiMAXの提供するエリアと通信品質、Softbank端末を貸してくれる業者であればSoftbankの提供するエリアと通信品質、ということになります。(ちなみに各キャリアのサービスは均一ですので、契約窓口が民泊WiFiだからといってエリアや速度が劣るという様なものではありません。)

通信制限は基本的に大容量〜無制限ですが、業者によって異なるので確認が必要です。


さて、重要なのはここからです。

月額料金は3,000円台〜4,000円台が相場です。一般的な回線契約と比べても決して見劣りするわけではありませんが、ポイントは契約期間の縛りが無いという事です。

一般的な回線契約は、2年や3年といった長期間の縛りがある事がほとんどです。契約期間内に解約しようとすると高額な違約金がかかってしまいますよね。こういった長期契約には魅力的なキャッシュバックが付いていることも多く、契約期間を満了できれば確かにトータルで費用を抑えられるケースもあります。

ですが、様々な事情で途中解約したくなるケースも多々あるでしょう。2年や3年といった長期契約に「大丈夫かな〜」と心配になる方は私だけではないと思います。途中解約のリスクも考えたら高額キャッシュバックが必ずしもお得とは言えないわけです。

民泊WiFiに高額キャッシュバックなどのキャンペーンは通常ありませんが、この「長期契約縛りがない」というメリットは非常に大きいと思いませんか?


では実際、民泊WiFiにどれだけメリットがあるのか見てみましょう。民泊WiFiで最安の「SPACE Wi-Fi」というサービスを例に紹介していきます。


民泊WiFi最安値の「SPACE Wi-Fi」について

民泊WiFiにもいくつか業者がありますが、ここでは最もリーズナブルに利用できる「SPACE Wi-Fi」というサービスに絞って話を進めます。

なぜSPACE Wi-Fiが最もリーズナブルと断言できるか?理由は簡単でSPACE Wi-Fiが民泊WiFiにおいて「最安値保証」をしているからです。(2018.8.8現在)

最安値保証についての詳細は公式サイトをのぞいてもらうとして、ここでは概要を説明します。


SPACE Wi-Fiの料金

・月額料金: 3,480円
・契約事務手数料: なし
・端末代金: 無料
・送料: 無料
・解約手数料: なし

以上です。非常にシンプルですね。
たとえ2カ月目以降で解約したとしても、この月額料金は変わりません



それでは次に、民泊WiFi以外のWiMAXの回線契約で常に最安クラスを走っている「GMOとくとくBB ギガ放題プラン」を例に見てみましょう。(2018.8.8現在)


GMOとくとくBB ギガ放題プラン(2年契約)の料金

・月額料金: 3,344円(初めの2カ月は2,590円)
・契約事務手数料: 3,000円
・端末代金: 無料
・送料: 無料
・2年間の総額: 81,748円
・1ヵ月あたりの実質料金: 81,748円÷24カ月=3,406円


2年間の契約を満了すると、こちらの方がわずかにメリットがあるのが分かりますね。


では、1年後に解約したくなった場合はどうでしょうか?


1年後後に解約した場合のSPACE Wi-Fiの実質月額料金

3,480円(いつ解約しても同じ)


1年後にに解約した場合のGMOとくとくBB ギガ放題プラン(2年契約)の実質月額料金

・12カ月の総額: 52,848円
・解約違約金: 19,000円
・1ヵ月あたりの実質料金: 52,848円+19,000円÷12カ月=5,051円


ここまで差が出ると解約もためらってしまいますね。短期〜中期的に解約の可能性がある人には少しリスクの高い契約と言えます。

まとめ

以上の事から、次のような方には民泊WiFi最安値のSPACE Wi-Fiが本当におすすめです。


SPACE Wi-Fiがおすすめの人

・短期〜中期的に解約する可能性がある
・違約金を支払うリスクを消したい
・他サービスから乗り換えを検討していて、キャリアの通信状況を短期間試したい


逆に、次のような方はGMOとくとくBB ギガ放題プラン(2年契約)を選んでも良いでしょう。


GMOとくとくBB ギガ放題プラン(2年契約)がおすすめの人

・確実に長期契約を満了できる見込みがある
・長期目線で少しでもコストを抑えたい


それぞれのメリット、デメリットを把握して後悔のない回線選びをしたいですね。



民泊WiFi最安値保証のSPACE Wi-Fiはこちら
SPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)


常に業界最安級!GMOとくとくBB ギガ放題プランはこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

サイトマップ